Les Montgolfiades de Sommières 2014

サクレクール寺院

2月28日(金)~3月2日(日) Sommières上空に気球がやって来る!
ということで、早速モンペリエから車を走らせること45分。やってまいりました、初Sommières♪

毎度のことながら、南仏の小さな町というのは、本当に可愛らしいったらありません。青い空と薄オレンジの屋根に白や水色のよろい戸がキレイに映えるんですよね。

さて、本題にはいるとして、この”Les Montgolfiades de Sommières”なんですが、ここSommièresという町では2回目の催しらしいんですが、おおよそ10個の気球が上空を舞うようなんです。ワクワク♪おやつと飲み物しっかり持参して、準備万端で待つこと2時間・・・一向に気球は見えません。
そして、うっすら気付いていたけど、気付かないフリをしていた事実・・・

すっげー強風なんだよーーー!!
これじゃ気球飛ぶわけないしー! 飛んだとしてもとんでもない方向に流されるっつーわぁ!!!

ということで、気を取り直しSommières探索と参りましょう。
Sommières-château
あら、キレイなお花と空とお城発見。いいですね。この空に気球が浮かんでいたらさぞ素敵でしょうに・・・悔しっ!

Sommières-vieux-château

町を見下ろす小高い丘に城跡があります。階段が途中で無くなっているのを発見しました。基本放置なんですよね、こういう壊れかけの建造物。日本だと危険回避で近づけないと思うんですけど、フランスってあんま気にしないんですよね、そのあたり(笑)。
その他歴史を感じる景観や、可愛らしいバルコニーなど実にフランスらしい景色を堪能して、満足な1日となりました。
Ville de Sommières

2 Comments on Les Montgolfiades de Sommières 2014

  1. いかにも石の文化だね。
    地震がなくて、人間が壊さなければ、お城も寺院もお屋敷も何百年も前のものが残るんだ。
    日本は台風があるし、地震があるし、建物は木造だからむしろ残ることの方がミラクルなんだよ。
    去年の夏に奈良に行ってきたけど、現存する木造建築物としては世界最古と言われる法隆寺ですら、たてられたのは607年、つまり7世紀初頭。今から1400年前。
    石造建築なら、数千年前のものでも残る場合があるからね。

    • ICHIROPAさん、コメントありがとうございます。
      確かに気候や風土はその国の建築様式に影響を与えるんでしょうね。
      フランスでも南は空気が大変乾燥していますから、石の色合いも日本とは違うように感じます。

Comments are closed.