フランスの携帯電話オペレーター

日本でも最近ではSIMフリーの携帯電話を購入できるようですが、以前は携帯電話とSIMカードは一体で、日本の携帯電話市場はDocomo・Softbank・auの3社での独占状態でした。
フランスではこのSIMフリーが普通で、本体購入とSIMカードを別々に購入し、自分でSIMカードをセットします。
このSIMカードの発行元をオペレータと言い、料金体系やサービスは様々。オペレーターの変更を自分のタイミングで好きにできる気軽さが魅力的なシステムです。
もちろん日本のように、本体とのセットで年割のようなシステムもあって、自分に合った使い方を見つけることができます。
そして何より驚くのはその料金の安さですね。日本では毎月1万円程度の携帯料金も当たり前で、特に驚くこともありませんが、フランスでは高くて月々20ユーロ程度です。20ユーロで通話・SMS・インターネットが使い放題です。ただしインターネットは3GBを超えるとスピードが遅くなりますが、この3GBという数字は携帯電話のインターネット使用では十分な数字だと思います。

フランスで利用者の多いオペレーターは

  1. Orange
  2. SFR
  3. Bouygues
  4. FreeMobile

ではないでしょうか。4番のFreeMobileが数年前に、解約の縛りのない「20ユーロで通話・SMS・インターネットが使い放題」パックで市場に出現してから、フランスのオペレーター市場の金額が下がったと言われています。そして、この20ユーロという金額は現在のフランスオペレーター市場のスタンダートとなりました。
今日では携帯電話からの海外通話(ヨーロッパやアメリカなど数十か国)をも無料でかけられるサービスも提供されています。

もちろん無制限通話ほどのサービス内容が必要ないのであれば、月々2~10ユーロほどのお手軽なパックも利用できます。月々2ユーロで2時間の通話、SMS・MMS無制限も可能です。
留学中や短期滞在中に月々たったの2ユーロで携帯電話が使えて、解約金もかからない。そんな理想的なシステムがあるんですね。
自分に合ったオペレーターと料金パックを探す際、各社の比較サイトもあるので、各種情報をうまく使って自分に合ったプランが見つけましょう。
こちらは比較サイトの例です。

短期滞在の方向けに、プリペイド式携帯電話についての記事を追加しました!