どれくらい勉強したらフランス語を話せるようになりますか?

どれくらい勉強したらフランス語を話せるようになりますか?

そんな疑問を抱えながら、フランス語を勉強している人は多いのではないでしょうか?
語学とは1日や2日で習得できるものではなく、上達を自分ではなかなか感じにくいものです。
語彙力の強化や文法の学習・・・語学はまさに孤独との戦いですね。
以前通っていた語学学校の校長が「最終的に伸びるひとは、基本のしっかりしている人」と言っていたのがとても印象に残っていたます。

私が行った勉強方法は・・・
①ひたすら文法を勉強する
書店では数多くのフランス語文法に関する書籍が出版されています。どの書籍を選ぶかは自分好みですが、私は比較的文字サイズが大きく、イラストなども挿入されている、30日間で完了する初級用テキスト選びました。あまり固すぎるテキストでは途中で嫌になてしまうような気がしたからです。
ここでのポイントは、自分の性格を加味して、きちんと続けられる素材を選ぶことです。
そして、購入したテキストは必ず最後まで終えること。途中で他のテキストに変えたりしないで、とにかく最後までやり切る!
例え30日で完了する超初級向けタイプでも、その中身を完璧に覚えれば相当の語彙力と文法が身に着きますし、そのレベルで十分フランス人との基礎会話は成り立つと思います。

②NHKラジオ講座を聞く
朝、出勤前にNHKラジオ講座を聞きました。1日15分ですが、毎日必ず同じ時間にフランス語を聞く習慣はとても大切ですし、これがモチベーションを保つことにも繋がりました。

私の場合これら①と②を渡仏前に行いました。実際にフランスへ行ってからは・・・

③子供向けの本を読む
まだまだ大人向けの本を読めるほどの語彙力がない為、無理に背伸びをせず、フランス人の子供たちがフランス語を覚えるステップをまねてみようと思い、とにかく子供向けの本を読みました。1冊が短いので、嫌になりにくいですし、子供向けの本でも新しい単語がたくさん出てきます。出来れば音読し、フランス人に発音などを直してもらいます。

④とにかくフランス語を話す!
周りに居る人が英語や日本語を話せても、とにかくフランス語を話すことです。フランス語を話すことを日常化するため絶対必要なステップです。

私の場合、①~④を半年ほど続けたあたりで「あれ?この人が言っていること、少し分かるかも?」と感じました。
語学習得者がよく言う「ある日突然みんなの言っていることが分かるようになる瞬間」というのはなかったのですが、なんとなく少しづつ分かるようになっていった感じでした。10か月めくらいから、簡単な基礎会話が出来るようになりました。私は特別上達の早いタイプではないので、語学のセンスがある方ですともっと早く日常会話が出来るようになるかもしれません。
フランス人は間違ったフランス語を話すと、それを指摘して直してくれる人が多い印象があります。
これは非常にありがたいことです。沢山直してもらいましょう!

「語学は話しただけ話せるようになり、読んだだけ読めるようになり、書いただけ書けるようになる」

自分に合った勉強方法を見つけて、とにかく途中で嫌にならないようにすること。
フランス語文法が難しく感じる場合、それが最初の突破口です。
難しく感じながらもとにかく続ける。するとある日、その難しいだらけの文法を理解している自分に気付きます。
この瞬間が来るまでは、頭の中でバラバラに散らばったパズルのピースをどう組み立てればいいのか分からず戸惑いますが、必ずピースが組み合わさっていく瞬間がやってきますよ!

どうしても分からない言い回しに出くわした際は、翻訳依頼ページで問合せて下さいね!