フランス式スキンケア

洗顔フォーム

フランス人は顔を洗わない?!

短期滞在であればメイク落としや洗顔料などは日本から持参しますが、長期滞在となれば現地の製品を買った方が手っ取り早い。と、いうことでファーマシーへ足を運びます。店内一通り見まわしたんですが、日本でよく見かけるタイプの洗顔料コーナーが見当たらないんです。ビ〇レみたいな洗顔料…そんな感じのコーナーがないんです!!
合わせて言うなら、なんかメイク落としもどれだか全然分からない・・・。

たどたどしいフランス語で店員さんに聞いてみると、何だか化粧水のような液体を差し出され、流す必要がないみたいなことを言っている様子。さらにその後は保湿クリーム塗ればOKよ(ニコリ)…みたいな。
当時の私のありったけの知識で考えてみましたが、”なぜメイク落としを洗い流さなくてよいのか?”が理解できないし、”なぜ洗顔しないで保湿しちゃうの?!”ってのも理解不能…。
ということで、その時は購入を諦め、まずはフランス式お肌のお手入れ方法を調べてみることに。

結果的には私の解釈は間違っていなかったんですね。
フランスの水は硬水で、石灰質を多く含むため、お手入れ方法が日本とは全く異なるのです。
確かにフランスの湯沸かし器やシャワールームなどでは、白く固まった石灰を目にします。
こんなものがふんだんに含まれている水でガシガシ顔を洗ったら、顔に沢山石灰質が付着するような気がする…。
だから、この国では洗顔でメイクを落とすのではなく、コットンにしみこませたメイク落としローションでメイクを拭き取ります。
さらにこの手のローションは、洗顔的な役割も果たすので、朝もローションで拭き取り→保湿クリームでOKです。何て簡単なんでしょう。
最近では普通に日本でも”洗い流さないメイク落とし”なんてのが販売されているけれど、当時の私には本当に驚きでした。

と言うことで、”nettoyante démaquillante sans rinçage”なんて書いてある液体は、洗い流し不要の拭き取りメイク落としです。

有名どころだと、BIODERMA(ビオデルマ)ですね。
ビオデルマのメ拭き取り化粧水
こちら、多少種類は異なるかもしれませんが、日本でもほぼ同等製品が購入可能です→サンシビオH2O
使用感は、非常に妥当な感じで、どのブランドを買うか迷ったらこちらを選んでおけば間違えないでしょう。
フランスでは2本セットでまとめ売りもしており、価格も安いです。また、小さいサイズのボトルで試してみる手もあります。
とにかく、拭き取りしてクリーム塗るだけというのは楽!何よりもこの楽さはたまんないですよ。
日本に比べて空気が乾燥していて、水が硬水だから肌の調子が悪い!という声もありますが、私の場合は洗顔フォームを使わないからすすぎ残しが無くなったせいか、ニキビが減りました。
賛否両論ですが、この簡単なスキンケア、オススメです!!