スペインへ・・・

スペインで本場のパエリアが食べたい!!

イタリアで本場のパスタが食べたい!!に続いて、今回はスペインの代表的な料理パエリアを求め、スペインへ。モンペリエからスペイン第2の都市バルセロナまでは直通列車”RENFE(レンフェ)”で約3時間(RENFEのチケットはSNCFからも購入できます)。車なら3時間~3時間半くらいです。日帰り旅行としては少し遠い気がしますが、週末に1泊で行くにはちょうど良い距離です。
RENFEとTGVはデザインが全然違うので、すぐに見分けが付きますよ。
スペインの列車、レンフェ  フランスの新幹線TGV
左がRENFEです。TGVに比べて可愛い色合いです。
到着駅は”Barcelona Sants駅”と言って、バルセロナの主要なターミナル駅です。

いつものごとくノープランでバルセロナ入りしてしまった私たち。もちろん地図も何もありません。
Barcelona Saints駅と町の中心との距離感もなく、どちらの方向かも分からず、なんとなく気の向くままに足を進め、どうしようもなくなったら誰かに道を尋ねる・・・。
そんなこんなでバルセロナの中心に辿り着きました。バルセロナはフランスが近いこともあって、道行く人でフランス語を話せる人の割合は高めな印象です。
さらに、観光地ということもあってか、私たちが「あっちだ、こっちだ」とモメモメしていると、自ら助け船を出してくれる人もいたりして、全体的に”優しい”というイメージ。
そうこうしているうちにバルセロナ中心に到着です。
中心に辿り着いたらまずインフォメーションセンターへ駆け込み、バルセロナの観光スポットの位置関係と交通についての情報を入手しました。

バルセロナは、
フランスより街が清潔で
フランスより英語が通じて
フランスとは趣の異なる建造物が印象的な
地下鉄が整備されており
スリは多いが食事はめちゃくちゃに美味しい町
という印象です。

本題に戻ってスペインの代表的料理パエリアですが、本格的に1から手作りしているパターンと、冷凍パエリアを使っているパターンとあるみたいなので、本格的な手法のレストランを事前に調べておいた方がいいです。
もちろん私達はそんな調査してなかったので、行き当たりばったりのレストランで頂きました。
多分値段からして冷凍です。それでも十分美味しかったですけどね♪
スペインの代表的料理と言えばパエリア

あ、あとスペインは物価が安いです。
スペイン寄りの町に住むフランス人は、お買い物はスペインでするらしいです。