フランスの大きな町トップ10

フランスの観光客

世界一の観光都市パリ

パリの行政区=いわゆるパリの中心は全部で20区あります。
パリの区
で、この20区全体で山手線の内側程度の広さらしいです。小さいですね~。

しかし、パリは世界一の観光都市。2013年のパリやその周辺への外国からの観光客数は約1,550万人らしいです。
東京は人が多いと言われるけれど(私もそう思うけれど)、パリだって十分人が多い。
夏休みシーズンなんか、もう、うじゃうじゃですよ。
Tour Eiffel (エッフェル塔)、Cathédrale Notre Dame de Paris (ノートルダム寺院)、Sacré Cœur de Montmartre (サクレクール)、Museé de Louvre (ルーブル美術館)…etc
どこもかしこも世界中からやって来た観光客で溢れています。。。

そこで!

パリじゃない街でどこに行くべきか。短い旅程にどの街を組み込むべきか?!
ご参考までに、人口順にフランスの街トップ10を並べてみましょう。

  1. Paris (パリ) — 約2,240,000 人
    パリの屋根

     

  2. Marseille (マルセイユ) — 約852,000 人
    Marseille

     

  3. Lyon (リヨン) — 約496,000 人
    リヨン

     

  4. Toulouse (トゥールーズ) — 約453,000 人
    トゥールーズ

     

  5. Nice (ニース) — 約343,000 人
    ニース

     

  6. Nantes (ナント) — 約291,000 人
    Nantes

     

  7. Strasbourg (ストラスブール) — 約274,000 人
    Strasbourg

     

  8. Montpellier (モンペリエ) — 約268,000 人
    モンペリエ

     

  9. Bordeaux (ボルドー) — 約241,000 人
    ボルドー

     

  10. Lille (リール) — 約228,000 人
    リール

本当のフランスを知りたければパリ以外の街へ行け
と言うのは有名な話。誰が言ったんだか知らないけれど、同感です。