VOLUPTÉ TINT-IN-OIL

VOLUPTÉ TINT-IN-OIL

20秒に1本のペースで売れているルージュ

として今日本で話題の「YVES SAINT LAURENT BEAUTE(イヴ・サンローラン・ボーテ)」のオイルルージュ「VOLUPTÉ TINT-IN-OIL(ヴォリュプテ ティントインオイル)」。
フランスでも色んな人気コスメブロガーが取り上げて、話題になっています。

「付けていることを忘れてしまうほど滑らかで、驚くほどの軽い付け心地」

「杏仁油(apricot kernel oil)、マカダミアオイル(macadamia oil)、クルミ油(walnut oil)、コリアンダー、ホホバ、パッションフラワーなど複数の栄養価の高いオイルでリップケアしながら、艶やかな唇へ」

「イヴサンローラン独自の技術によって、オイルのみ唇へ浸透し、発色のみ長時間唇に残すことが可能に」

「グロスよりもはるかに心地よい付け心地なのに、グロスのようなべた付きが無い。
しかも、しっかり唇へ栄養を与えながら、自然な発色でふっくらとした唇へ」

と、ベタ褒めです。
溶ける氷のような艶やかさでしっかり発色。唇をしっかりケアしながら、リップカラーは超時間キープ。
聞いているだけで、日本でバカ売れしているのも納得です。
海外のコスメは匂いが強く、苦手なイメージがあり、特にフランスコスメは色んな意味でアジア人の肌には刺激が強すぎるような気がしていましたが、この”VOLUPTÉ TINT-IN-OIL”は何やら大変気になりますね。

乾燥大国フランスでリップケアしながら発色なんて理想的です。
こちらフランスでは30€前後で販売されているようです。
少し値が張りますが、これはチャレンジする価値がありそうです。