フランス語のリスニング力を鍛えるには?

フランス語のリスニング力を高める

フランス語の聞き取りが出来ない・・・

と言うのは、よくある話。
文法をしっかり勉強してある程度の基礎が固まっても、生きたフランス語をしっかり聞き取るのは難しい。
フランスに渡れば、自然に耳が慣れることも期待はできるが、日本に居ながらリスニングの力を強化するにはやはりリミットがある。
と、以前の私は思っていたんですが、実際は工夫次第でかなりいい訓練が出来るような気がします。

例えば、ラジオ。
こちらの語学学校の先生はしきりに言います。
「ラジオを聴きなさい」と。
フランスは日本よりもラジオ視聴者が多いし、番組数も多いです。
ラジオをただ流しているだけでは、あまり意味がないと思います。ある程度の集中力を持って聴くことが必要です。
ラジオから流れてくるフランス語を【雑音】として耳や脳が認識してしまうと、いくら聴いても雑音にしかなりませんからね。
目的に応じた番組を選ぶといいと思います。

例えば、私は日本に居る時はMFM Radioをずっとつけていました。
トップページ右側の【MFM RADIO EN DIRECT】の横の再生ボタンをクリックします。
フランスのラジオ
音楽が多いので、なんとなく聞き流すというかんじですね。

これとは別に、フランス語のヒヤリング力を鍛えるのに有効と思われる番組は
RFI Apprendre français
TV5MONDE

です。
それぞれの番組は1本1分30秒~2分以内のものがほとんどです。
これを毎日聴く。分からなければ何度でも巻き戻して聴く。
と、言った感じですね。

日本に居ても、インターネットを通してフランス語を耳にすることは可能です。
例えばフランスに住んでいても、日本語だらけの生活になってしまうのは結構簡単です。
つまり、フランスに居ても意識して自分をフランス語漬けにする必要があるということですね。
あ、あと忘れてはいけないこと、それは、ラジオを聴く以外にも文法や語彙などを、チクチクと毎日続けていかなければなりません。ただただ聞いているだけで、他に何の勉強もしていなければ分かるようにはなりません!

蛇足ですが、この曲が好きです。

CHANSONS DERNIERE DANSE – INDILA

歌詞はコチラ↓↓↓
Oh ma douce souffrance
Pourquoi s’acharne tu r’commences
Je ne suis qu’un être sans importance
Sans lui je suis un peu « paro »
Je déambule seule dans le métro
Une dernière danse
Pour oublier ma peine immense
Je veux m’enfuir
Que tout r’commence
Oh ma douce souffrance 

【※】
Je remue le ciel, le jour, la nuit
Je danse avec le vent, la pluie
Un peu d’amour, un brin de miel
Et je danse, danse, danse, danse
Danse, danse, danse
Et dans le bruit, je cours et j’ai peur
Est-ce mon tour ?
Revient la douleur…
Dans tout Paris, je m’abandonne
Et je m’envole, vole, vole, vole, vole, vole, vole

Que d’espérance…
Sur ce chemin en ton absence
J’ai beau trimer, sans toi ma vie
N’est qu’un décor qui brille, vide de sens

【※】繰り返し

Dans cette douce souffrance
Dont j’ai payé toutes les offenses
Écoute comme mon coeur est immense
Je suis une enfant du monde

【※】繰り返し