それは人種差別でしょうか ?

差別

GACKT パリで人種差別に遭い対抗

と言う記事を目にしました。
Gacktさんは「まさか自分が・・・」と思ったらしいけれど、それはなぜ?
なぜ、自分は差別に合わないって思っていたんだろう。
という妙なポイントが気になってしまいました笑。
芸能人だから?
それとも「よく耳にするけど、現実味がない話」だったから?
まぁ、それはさて置いて・・・

フランスにガチで差別があるのは事実でしょうね。
ただ、その見極めが難しい。

例えば日本人の観光客がフランス、特にパリで差別を受けた、という話。
一概に差別と言えるのかどうか疑問の場合もあります。
カフェやショップで失礼な対応された、と言うのが多いかと思いますが、パリには無数のカフェやショップがあって、中にはサービスの悪いお店、対応の悪い店員に当たることもあるでしょう。
それに、そもそもサービスの質が日本よりも悪い国なんだ、ということを忘れてはいけません。
(だいたい日本のようなサービスは、世界中どこにもない)

中にはただ単に愛想の悪い店員もいますよ。
ニコリともせず
ろくに返事もせず
ダラダラとした態度で
いやいや対応している感
結構な確率で、この手の店員は、ただ単にこういう人なんです。
つまり誰に対してもこうなんです。
こんなサービスでもOKなんです、フランスは。
でもこんな人でも、「メルシー(ニコリ)」と声をかけてみると、案外普通にニコリとしたりするんですよ。
そんなもんなんですよ。
だから、「フランス人のお客にはニコリとしてるくせに、私達とは態度が違う」と、思うのは早いですよ!
ただフランス人のお客は、そういう店員の態度に慣れている(何とも思わない)だけで、
相手が不愛想だろうが何だろうが、まったく気にすることなく普通にコミュニケーション取るんですよ。
だからフランス人のお客には、まともに対応しているように見ている可能性もありますよね。

あとよく耳にする
無視された!
本当は在庫があるくせに、無いと言われた!
目の前に立っているのに、店員同士の会話に夢中で見向きもしてくれない!
などですが、これらは
「アンプロフェッショナルな店員のどうしようもない対応」
というカテゴライズですかね。

Gacktの一件は空港近くのホテルで問題が発生した、ということですが、
まぁ日本で売れてる芸能人だし、それなりのホテルに泊まったと思うのが当然。
そんなそれなりのホテルで、差別と思われるような対応が日常的に行われているんだとしたら、それが問題。
沢山の人種が混在するフランスでは、人種差別と思われるような発言や行動に、人々は過剰に反応します。
彼の返しがうまいかどうかは別として、本当にそこに差別があったんだったら、ホテルの責任者に手紙書くとかして欲しい。
彼が店員に対してどんな発言をし行動したかよりも、そういう事実をしっかりとホテル側に認識させることにフォーカスしなきゃ。
とにかく、影響力のある彼の発言によって、今後フランスへ行く日本人が差別に敏感にならなければいいな、と思います。