フランス国民祭り、Fête nationale

カトルズジュイエ

7月14日はフランス国民祭です。

「Quatorze Juillet (カトルズジュイエ)」とも呼ばれる7月14日は、フランスにとってとても大切な日であり、フランス各地で花火が打ち上げられます。
1789年7月14日、パリ市民によってバスチーユ牢獄の襲撃が行われ、これがフランス革命の始まりと言われています。
このフランス革命によって「フランス人権宣言」が採択され、フランス市民は自由を勝ち取りました。
なので、この「Quatorze Juillet」はとても重要な意味を持つ日なのです。

この日パリでは、シャンゼリゼ通りで軍事パレードが行われ、多くの人でにぎわいます。
海軍、空軍、陸軍そして外国人部隊など各部隊が行進し、上空には戦闘機やらヘリやらが飛びます。
ブルー・ホワイト・レッドのトリコロールカラーの煙を出して空を飛ぶ戦闘機も見られます。
また、他国のミリタリーも招待されるので、フランスだけではなく色々な国のミリタリーを見ることが出来、約2時間にわたって行われるパレードは見ごたえ十分です。

もちろんフランス大統領もこのイベントに参加しているのですが、大統領がパレードを見に来ている観衆に言葉をかけながら、ビズやハグをしたり、握手をしたり、サインをしたりします。
改めて文化の違いを感じる一面だなぁ、と驚きます。

また、パリの様々な消防署でダンスパーティー(Bal de pompiers)参加することができます。
このパーティーでは消防士によるダンスパフォーマンスが行われたりしますよ。
パリ消防署のダンスパーティー
スケジュールはこちらをご覧ください。
一部有料な場合もあるようですが、この売り上げは消防隊の活動資金に充てられるようです。

シャンゼリゼ通りでのパレードは2015年7月14日午前10時開始で、今年は対テロリズムをテーマとしたパレードということです。