スリに注意!パリの移動で気を付けること

スリに注意

パリはスリが多い・・・

のです。
フランスには沢山の魅力があり、とても素敵な国なんですが、残念な面もあるわけで、それがまさにスリの多さなんですよね。
残念ながらパリを訪れる多くの観光客がスリの被害にあっています。
インターネット上やガイドブックなど、いろんなところで「パリではスリに気をつけましょう」と注意が促されているにもかかわらず、被害が後を絶ちません。
そこで、パリ市内で気を付けることを今一度考えてみようと思います。

メトロ
多くのスリ被害がメトロ駅構内や列車内で発生しています。
具体的にどのような被害が発生しているかと言うと、

  • ウォレットチェーン付のお財布をズボンのポケットに入れていたが、中身の現金だけ抜かれていた。
  • 駅構内の乗換案内などに気を取られている間にお財布を盗まれた。
  • 駅や車内で子供グループに囲まれ、身動きができない数分のうちにお財布を盗まれた。
  • メトロチケットの券売機の操作に手間取っている隙に、カバンを持ち逃げされた。
  • メトロチケットの購入を助けるふりをして、現金やカードを盗まれた。
  • 列車内で携帯電話を使用していたら、駅で停車中扉が閉まる寸前に携帯電話を持って行かれた。
  • 駅構内のエスカレーターで自分の前後をスリグループに陣取られ、身動きが取れない状態で財布を盗まれた。

などです。
いずれも、慣れないパリのメトロの乗り継ぎやチケットの買い方など、どうしても注意が散漫になる瞬間を狙った犯行です。
それでは、スリ被害を防ぐために出来ることはなんでしょうか。

  • 必要以上の現金を持ち歩かない。
  • お財布や現金をズボンのポケットに入れない。ウォレットチェーンは意味がありません。
  • 駅構内や列車内では、不用意にお財布や現金を見せない。
  • あまり他の人と近付き過ぎない。
  • ファスナーなどでしっかり口が閉まるカバンを使う。
  • 列車の中で無駄に携帯電話を使用しない。
  • チケットを購入するとき、荷物を地面に置かない。しっかり抱えて注意をそらさない。
  • メトロマップやガイドブックを見る際も、周囲に注意する。

言い出すとキリがないのですが、とにかくしっかりと自分の持ち物に注意を払う必要があります。
また、不用意に立ち止まったりせず、極力素早く移動するといいでしょう。
チケット購入の際、本当に親切に助けてくれるケースもあるのですが、スリや詐欺のケースも多いです。
この見極めが難しいのですが、その相手が「自分が買ってあげる」という風なニュアンスで現金やカードを渡すよう要求してきた場合、渡さないことです。

どんなに気を付けていても、突然スリグループに囲まれてしまう場合があります。
もし、不自然にグループに囲まれてしまった場合、日本語でもなんでもいいので大きな声を出しましょう。
と、同時にそのグループを押しのけて移動して下さい。
また大きな声を出すと、仮にお金をすっていても、その場にお金を投げ捨てて集団はその場を離れていきます。
このグループは少女である場合や子供である場合もあるので、相手の性別や年齢に関わらず、状況で判断しましょう。
また、路上での信号待ちの際にこのようなグループに囲まれてしまうこともあります。
そんな時も同様に、毅然とした態度で集団を追い払いましょう。

スリは、非常に大胆に犯行に及びます。
ホームや列車内には多くの利用客がいますが、他の人がいるから大丈夫ということではなりません。
また、イタリヤやスペインも非常にスリが多いです。
バルセロナはスリだらけで危ない!と言うフランス人も少なくないので、つまり外国では気を付けましょう、ということですね。

外国にいるという認識で常に最低限の注意を払って、バカンスを楽しんで頂きたいと思います。