フランス人の友達、どうやって作る?!

フランス人の友達

フランス人の友達出来た?

渡仏間もないころは、日本の友人にそんなことを聞かれることがありました。
この質問に「はい」と答えられるようになるまで、結構時間がかかったのを覚えています。
それもそのはず、フランスに住んでいてもフランス人と知り合う機会って意外とないんですよ。
語学学校でのクラスメイトは当然ながらフランス語を学ぶ外国人なわけですし、日本食レストランでアルバイトをしている場合、結構な確率で同僚は日本人もしくはアジア人ですからね。

「フランス語を学びたくてやって来たのに、フランス人とフランス語を話すよりも日本人と日本語を話している時間の方が長い」
そんな悩みをこぼしている在仏日本人も少なくありません。
いざフランスへ長期滞在しに来たはいいけれど、なかなかフランス人と知り合うきっかけがないというのは、残念ですがよくある話。

ではいったいどうやって知り合いの少ない外国で交友関係を広げていけばよいのでしょうか。
手っ取り早いのは日仏アソシエーションです。
日本に関心の高いフランス人と在仏の日本人の交流の場で、フランス人のみならずその町に住む日本人とも知り合うきっかけになります。
なんだかんだ言って、日本人繋がりの情報に助けられることもあるので、地元の友人が出来るというのはいいものです。
大抵は市のホームページにアソシエーションについての情報が掲載されています。
日本大使館のウェブサイトにも少し情報が出ていました。

あとは習い事をしてみるとか、ランゲージエクスチェンジをしてみるとか、日本関連(Japan expoとか)の催事に足を運んでみるとかもありますね。
ランゲージエクスチェンジ

私は以前に英語を習ってみたりするのもいいかもしれないな、と思ったことがあります。
英語を習いに来ているフランス人=外国語の習得に興味があるフランス人=フランスへ語学留学しに来ている日本人への理解も深そう
という単純な理由ですが笑。

あとは、パーティーにはどんどん参加した方がいいと思います。
週末は自宅でパーティー
話せなくても
何を言っているか分からなくても
ほとんど知り合いがいなくても
フランス人持ち前のフレンドリーさですぐに打ち解けることができますよ。

1人や2人でもフランス人の知り合いが出来ると、結構すぐに交流が広まると思いますよ。

フランス語を上達するには一言でも多くフランス語を話し、一人でも多くの人のフランス語を聞くことかな、と思います。
学校の先生のような話し方ばかりではなく、生きたフランス語を学んでこそ、フランスにやって来た甲斐があるってもんですからね♪