クイズ

□ フランスについてのクイズ(全15問)

フランスの人口は? フランスの大統領の任期は何年? など、フランスに関する様々なジャンルの問題を作ってみました♪


 

□ フランス語のクイズ (各20問)

DELF(Diplôme d’études en langue française) とDALF(Diplôme approfondi de langue française)はフランス国民教育省(Le ministère de l’éducation national)によって認定されたフランス語資格で、フランス語を勉強していく際、このレベル分けが一つの基準となります。

日本国内にも仏検(実用フランス語技能検定試験)という資格がありますが、これは日本でしか通用しないので、やはり取得するのであれば本場フランスで外国人のフランス語能力を知る指標となっているDELF・DALFの取得を目指す方が絶対いいと思いますよ!ちなみにDELF・DALFは一度取得すると永遠に有効な資格です←実にフランスらしい笑
以下がDELFとDALFのレベル表です。*クリックすると拡大表示されます。
DELFとDALF

このようにA1~B2までをDELFと言い、C1とC2をDALFと言います。
A1~A2= 初級、B1~B2=中級、C1~C2=上級と言うとイメージがつきやすいかな?!
通常フランスの大学に入学するためには、外国人の場合B2以上のフランス語レベルが求められます。正確にいうとB2以上の資格を持って入れば大学入学の際、語学テストを免除されるみたいです。

試験は①リーディング ②ライティング ③リスニング ④スピーキングの4種類で行われます。
②ライティングには文書作成も含まれますので、それなりの準備が必要ですよ!
仏検だと問題は日本語なんだと思うんですけど、DELD・DALFは問題もフランス語!なので超初級者で問題が理解できないとどうにもなりません…。でも、何度か過去問をこなしてから望めば全然問題ないと思いますよ。
DELF・DALFについての詳細はDELF・DALF試験管理センターをご参照下さい。
試験は国際教育研究センター(CIEP)が認可した試験会場でのみ行われます。

試験はどのレベルでもトライできます。受かるか落ちるかなので、初級者がC2を受けることだって可能です。
でも、試験もタダではないので、出来れば自分のレベルに会った試験を受けたいですよね。
ちなみにDELF・DALF試験管理センターHPに記載されている受験料は
A1 / A2 :11,000 円
B1 / B2 :13,000 円
C1 / C2 :15,000 円
と言った感じです。個人的には高いなぁという印象です。

そこで自分のレベルを知るためテストがあるのです!
それがTCF(Test de connaissance du français)と言う試験です。このTFCを受験することにより、自分のレベルを正確に把握することが出来るんですねー。日本語の解説は→こちら

A1とA2レベルの問題を集めてみましたので、チャレンジしてみて下さい♪